alpha×Refine pro2テンプレートを比較!どう変わった?

もともと「Refine pro2テンプレート」を使っていた人にとっては、
互換性のある「Alphaテンプレート」に
どんな機能が備わったのかが気になるところ。

  • 新しく「alphaテンプレート」を手にした方が良いのか?
  • はたまた、「Refine pro2テンプレート」のままで良いのか?
  • もしくは、新たに別のテンプレートにする?

こんな風に悩んでいたりしませんか?

 

そこで、この記事では、
「alphaテンプレート」と「Refine pro2テンプレート」の
機能を徹底比較してみたいと思います。

alphaテンプレートがRefine pro2から変わった点

変更1:独自ショートコードが1クリックで出せる

「Refine pro2」にも独自ショートコードが
備わっていましたが、

今までは、
使いたいデザインのショートコードを探して
ペタッと記事に貼り付けて・・・

という一連の作業が必要でした。

 

一見、ラクそうに思うこの作業ですが、
そのショートコードを探す作業とか
コピペするのを何度も繰り返すと
かなりストレスに感じるんですよね…。

 

ですが、「alphaテンプレート」では、
その独自ショートコードが
ビジュアルエディタのメニューから
サクッと1クリックで設置できるようになったんです♪

これによって、わざわざ
独自ショートコードを探す手間と
コピペする一連の作業が省略され
サクサク記事を装飾することが出来るようになりました^^

 

そして、装飾デザインも増えたので
スタイリッシュなオリジナリティ溢れる
サイトが作成できるようになったのも
魅力の1つですね♪ヾ(*´∀`*)ノ

変更2:装飾がショートコードでなくHTML記述になった

WordPressで有料テンプレートを使うとき
使用するか迷うのが独自装飾。

 

その理由は、テンプレートを変えたくなったとき
テンプレートに依存したショートコードを使うと
別のテンプレートにした際に、
大量の修正が伴うからなんですよね…(汗)

 

ですが、「Alphaテンプレート」では
「Refine pro2」のときに
独自ショートコードで再現していた装飾を
HTML記述にしてくれてるんです♪

 

なので、テンプレートを変更した際の
修正する影響範囲が少ないので
思い切って装飾コードを使うことが出来ます( *´艸`)

変更点3:ソースコードがコンパクトになった

「Refine pro2」のときは、
ソースファイル(PHPファイル)から
CSSを動的に制御する部分が多々あったものの、

「alphaテンプレート」では
その点が大幅削減されているので
サイトを表示する速度がやや早くなったのでは?
といった印象を受けました。

 

表示速度の問題は、
検索エンジンの評価にも関わってきますし、
広告運用などをしていると、
その1秒、2秒の差で
コンバージョン率が激変します。

その点を考えると、
「Refine pro2」のときよりも
「alphaテンプレート」の方が
更に使いやすくなったと思います^^

変更点4:子テーマがある!

WordPressのテンプレートで
子テーマの有無を気にする人って
あんまり居なかったりするんですが、

 

カスタマイズをする人にとっては、
子テーマの有無って結構重要なんです!

 

なぜなら、子テーマがあれば
テンプレートがアップデートされても
カスタマイズ部分が初期化されないから。

 

子テーマが無いテンプレートで
元のソースファイルを直接カスタマイズすると
テンプレートのアップデートの度に
カスタマイズを再度設定する必要があります。

 

たまたまネット検索して適用した
カスタマイズなんかの場合だと
どんな修正を加えたか忘れちゃう場合もあるので

子テーマが無い場合は、CSSだけなら
カスタマイズ用のプラグインを追加すれば
なんとかなる話ではあるのですが

PHPファイルまで触る場合
自分で用意しなければなりません(汗)

 

その点、「alphaテンプレート」では
子テーマが搭載されたので、
子テーマ側にカスタマイズの記述をすれば
アップデートされても消えることがなく
安心してカスタマイズが出来ます。

 

変更点5:テンプレートの自動アップデート機能搭載!

「alphaテンプレート」で大きく変わったのが
自動アップデート機能です。

テンプレートファイルがアップデートされた場合、

  • ダウンロードサイトで更新ファイルをダウンロード
  • 更新ファイルをインストール

という、面倒な手順が必要でしたが、

 

「Alphaテンプレート」では
その手順を一気に削減し、
WordPressの管理画面から1クリックで
アップデートが出来るようになりました。

 

しかも、自動で更新するように設定も出来るので
アップデートがされたら、自分でポチっと
更新ボタンをクリックしなくても
更新できるようになったんです♪

 

ただ、念には念を・・・
ということで、自動アップデート設定をしている人は
必ずバックアップを取っておくようにしましょう。

まとめ

「Refine pro2」から「Alphaテンプレート」での変更点は
大きく分類すると

  • 今まで面倒だった作業を簡単にした
  • ソースコードの記述方法を大幅変更

という点です。

 

今までよりも、使いやすく改善されたので
サイト作成時の僅かなストレスを
感じなくなったのは嬉しいポイントですね♪

 

当サイト限定の稼げる10大特典はこちら

※画像をクリックすると特典ページが開きます。

コメントを残す